TP-LINK の無線AP RE600X のセットアップ

TP-LINK の無線AP RE600X をセットアップしました。ほんとは無線中継器、レンジエクステンダーとして売ってるのですが、有線LANケーブルさして無線APとして使うこともできます。

 

 

RE600X への初回アクセス時、admin のパスワード設定を行います。

初回電源ON直後は、無線中継器として動作をしています。ぼくはこれを無線APとして使いたいので機能を切り替えます。右上の「モード」をクリックします。

モード選択画面で「アクセスポイント」を選択して「保存」でアクセスポイント機能に早変わり。

画面表示がシンプルになりました。

802.11ax でつながってます。1,201Mbps でリンクアップしています。これが Wi-Fi6 か!おうちの中に古い機器がまだあるので、現時点ではセキュリティ設定はWPA2を選んであります。

いまのところ快調です。

TP-LINK の無線AP RE600X のサイズ感

802.11ax 環境が欲しくて、自宅の無線AP を TP-LINK RE600X に入れ替えた。

www.tp-link.com

先日までは NETGEAR の EX7300 を使っていた。

www.netgear.com

TP-LINK RE600X と NETGEAR EX7300 の比較写真を並べてみる。

RE600X は側面にLANのコネクタがある。

RE600X のほうが薄い。EX7200 は後ろに出っ張りがあってちょっと邪魔。

EX7200 は底面にLANコネクタがあり、これが便利な方もいるのでしょうが、うちの環境では邪魔です。

通信速度は…特に変わらないです。

うちの場合WAN側が100Mbpsの回線なので屋内無線環境がどれだけよくなってもインターネットに出ていく部分は変わらないのです。

家の中にある家族全員分のスマホとパソコンとゲーム機とプリンタとAmazon Fire TVを収容しても速度落ちないので余裕もって処理できてるんだと思います。

Luminar Neo 1.0.5 でプリセットが改善

写真レタッチツールの Luminar Neo、1.0.5 でプリセット機能が使いやすくなった。

skylum.com

メイン画面の上部に「プリセット」ってデカデカと出るようになったのでアクセスしやすくなってます。

例えば、「大都市の輝き」→「ストリート劇場」を選んでみます。

たとえば「雲」→「逆光の雲」を選んでみます。

こんな感じでいろんなテイストのプリセットを選ぶことができるようになってて、手軽にテイストを変えれるようになってます。

便利。

MS365 の Sharepoint Online に多量のファイルを置くと面倒くさい

すっかりクラウドの世の中になりましたが MS365 の SharePoint Online 使ってますか。好んで使っているというより、コレを使えと言われたから仕方なく使っている方々もいらっしゃるでしょう。

ファイル置き場としてみた場合、どう?使いにくくない?

ファイルサーバの代替としてSharePoint Online 使ってると色々メンドクサイ制限に引っかかります。

◆コピーや移動時のファイル数制限

Sharepoint のサイトからサイトへ、ライブラリへ、または別フォルダへ、まとめてコピーしたり移動したりという操作をするでしょう。

多数のファイルやフォルダが含まれたところを処理しようとすると途中でエラー出て途中で止まっちゃいます。多分30,000ファイル/フォルダくらいが境界線だと思います。

 たとえば 50,000 ファイル/フォルダくらいを含んだフォルダをコピー、なんてやると、途中で終わります。

途中で止まった場合、どこまで進捗したかがわからないから、残り分を(続きを)あとで転送するというのもかなり厳しい。現実的じゃない。

Sharepoint上で操作しないで、外部ツールでAPI経由で操作したほうが確実に動作します。rclone とか。

◆アクセス権設定時のファイル数制限

レガシーなファイルサーバから SharePoint Online へファイル移行したりしますよね。

移行したあと、フォルダにアクセス権を振ったりしますよね。

このとき、対象フォルダ配下に 100,000個以上のファイル/フォルダがあるとアクセス権設定ができません。配下の対象アイテムが多すぎると( 100,000個以上だと )処理してくれません。

アクセス権設定したいフォルダ内のファイルやフォルダなどアイテム数を 100,000 個未満に減らせという。

多量ファイル格納されたフォルダのアクセス権設定をあとからできないのは痛すぎる。

◆任意のフォルダ配下のファイル/フォルダ数を数えられない

アイテム数を30,000個未満にしろとか100,000個未満にしろとかいうなら、じゃあやりましょうかというところで詰まる。

あるフォルダ配下のサブフォルダも含めたファイル/フォルダの総数を表示する機能がない。だから、今いくつアイテムがあるのかがわからない。手でカウントするしかない。どういうことなの。

一つのサイト内でフォルダごとにアクセス権切ってあれこれ制御するのに向いてない、めっちゃ向いてない、と思いました。

サードパーティーのツールで外から観測したほうが確実な情報が得れそうです。SharePoint用の管理ツールがないと「今どうなってんのか現状把握」がやりにくい仕組みなんだな。

ドンヨリとした写真を映える写真にする

出かけた先の記録を、ドラレコ動画を見返して切り抜いたりしてるんですけど、ドラレコ映像の画質がどうにも良くなくて。

例えば先日の記事にでてきた御殿場JCTの風景。暗い。とにかく暗い。全然昼間なのに実際は明るいのに記録されてるのはコレ。

Photoshop なら「空を置き換え…」機能で、ほら、夕方に走ってるみたいにできる。空の夕焼けの赤みが空以外のオブジェクトに赤色を落としてるところまで作ってくれる。

さらにPhotoshopの「空を置き換え…」機能で、青空を選んでも良し。ちょっと暗いのは別で露出補正すればOKだわ。

Luminar Neo でも似たようなことができて、エモい夕焼け空を選ぶとすんごいキレイな風景だったかのように作ってくれる。

いいねえ。こんな風景のところを走ってたんじゃないかって、自分の記憶が捏造されていくねえ。

新御殿場ICで失敗(東京には帰れない)

朝からドライブ気分でしたので、道志道を山中湖方面へ。

桜シーズンも最後のようで、はらりはらりと散っていました。

さて東京方面へ向かって帰りましょうか。山中湖から御殿場へ向かい、 R138 を南下していきます。

お?新御殿場IC?新しい入り口だ!新しい入り口があったら入らねばならん!入ろう!

「東京方面は東名へ」というのが見えた気がするけどまあいいか。どうにかなるだろ。

ん?名古屋方面にしか行けないの?

ジャンクションでうまいこと違う道路に接続するでしょ!

と思ってたら全くそんなことありませんでした。

東名行っても新東名行ってもどっちも名古屋方面!東京方面には行けませんでした…

東名の裾野ICで下りて、乗り直しました…。

東名の裾野ICの係員さんに聞いたのですが、間違ってくる人そこそこいらっしゃるようです。乗り直して来た道を戻り新御殿場で有人窓口に行けば間違って通行した部分が返金されるそうです。

300円くらいだったかな?新御殿場まで戻ってそっから御殿場いって…というの考えたらけっこう時間かかる。お金はちょっぴり無駄になるけど時間を考えたら戻るプランよりおとなしくここで乗り直すのがいいわ…。

というわけで、新しいICだ!と思って喜んで飛び込むときは注意しよう!という話でした。

新東名の工事中区間が完成すれば新御殿場から東京方面へ接続するようになる。あと数年だ。楽しみに待とう。

Edge の文字列やオブジェクトのコピーが容易になった「Web選択」

microsoftedgetips.microsoft.com

「ウェブセレクトで簡単にウェブからコンテンツをコピー」
Web 選択を使用すると、表、ヘッダー、画像などの書式設定された Web コンテンツをコピーできます。ブラウザウィンドウを右クリックして [Web選択]を選択するか、キーボードショートカット Ctrl + Shift + Xを使用します。次に、+ カーソルを選択してドラッグし、目的のコンテンツを強調表示し、[ コピー] を選択します。 

 Microsoft の Edge がバージョンアップして新機能を連れてきた。そのなかでも 「Web選択」がお気に入り。

Ctrl + Shift + X で文字列やオブジェクトの選択がとってもやりやすい。

選択してコピーがとってもやりやすい。

例えばマウスでドラッグして範囲選択したくても、思ってたんと違う部分まで選択されて「ちがう!」ってなることない?

「Web選択」なら思った通りの矩形で選択できる。

ちょっとしたことだけど痒いところに手が届いてる感が大いにある。