VMware Player 16.2 で回復不可能なエラー

Windows11 + VMware Player 16.2 の環境で、回復不可能なエラーが表示されVMがダウンしてしまう事象が頻発しています。

ぼくのところでは "VMware Workstation 16 Player 16.2.1 build-18811642"  でこの状況です。

VMware Player 回復不可能なエラー:(mks)
ISBRendererComm: Lost connection to mksSandbox (2878)
「<VMのパス>\vmware.log」に、ログファイルがあります。 
サポート リクエストを提出できます。 
弊社のテクニカル サポートに提出するデータを収集するには、「vm-support」を実行します。
ユーザーのサポート権利に基づいて対応させて頂きます。

f:id:yapud:20211204234538p:plain

バージョン 16.x で発生するようになりましたので、 以前の 15.x にバージョンダウンしてしまえばこの問題はいったん回避できます。

バージョンを変えたくない場合は、仮想マシン設定の「ハードウェア」→「ディスプレイ」画面にある「3Dグラフィックスのアクセラレーション」を OFF にすれば回避できます。

f:id:yapud:20211204234927p:plain

仮想マシン側でグラフィック性能を要求しない場合はコレで回避しても良いです。

ThinkPad トラックポイントキャップ

Lenovo ThinkPad T470s を使っている。

こいつのトラックポイントキャップがツルツルになってしまった。

ポインタ操作で滑るのでモヤモヤとしてしまう。

というわけでトラックポイントキャップの交換部品を買った。

T470s の場合は、スーパーロープロファイル トラックポイントキャップ を選べば良い。型番は 4XH0L55146 だ。

www.lenovo.com

こういう「操作のしやすさ」に直結するものは純正品に限る。アマゾンなんかでよく見る互換品はなんやかんや言うてやはり品質がいまいちであり、そういう互換品は操作をするにあたって我慢をしなければならない部分がある。

日常触れるユーザインタフェースはケチらないほうがいい。効率に直結してくる。

送料が無料というチャンスだったのでレノボショップで発注してみたら、届くまで3週間位かかってしまった。

深センから香港経由で成田に入り、国内をヤマトが配送してくれた。長旅をしてきたんだねえ。

ちっちゃいゴムパーツのためにこのデカい箱である。

f:id:yapud:20211120172441j:plain

ラベルをよく見ると MADE IN JAPAN 日本製造 とある。

f:id:yapud:20211120172751j:plain

日本で製造して中国の倉庫に保管してあったものを日本に出荷したわけだね。故郷へようこそ。

さてトラックポイントキャップを交換して、操作がスイスイになった。マウスポインタが指先の延長のように思い通りに操作できる。快適度が段違いである。

f:id:yapud:20211120172841j:plain

10個入りなので1個使ったら9個余ってしまった。何に使おうか。

 

Windows11でワイヤレスイヤホンの遅延が減った

Lenovo Thinkbook 14 IIL を使っている。

Windows11 にバージョンアップしてから「こいつは良いねえ!」と思ったことがひとつ。

ワイヤレスイヤホンの遅延がとても減った。

Windows10 のときは、Youtubeでミュージックビデオを見てると動きと音が全然ズレズレだったんだ。それが Windows11 になってから全然ズレなくなった。Bluetooth のドライバがちょっと良いやつになったんだろうか。仕組みはわからないけど快適になった。

 

f:id:yapud:20211110234039p:plain

いまのところ Windows11 で困る事っていうのがそんなになくって、良いOSなんじゃないのって思ってる。

 

ブログ引っ越し

しばらくhttps://moriya.xrea.jp/tdiary/ というURLで日記を書いておりました。

しばらくと申しますと…振り返ってみれば 2003 年頃から書いていたようです。今が2021年ですから、18年?は?

そんなこんなでのんびり日記を書き続けていていたのですが最近すっかり更新頻度が落ちてしまいました。それは最近サーバが重くて、とにかく重くて嫌になってきたからなのです。

その日記は xrea というレンタルサーバ屋さんの共有サーバを使っています。いろんな人が共有してるサーバの片隅に tdiary をおいています。

同居してる他のユーザさんが何やらヘヴィなページを運用しておられるようで、最近とにかくサーバが重くて自分が記事を書いてる間にも何度も Internal Server Error が出てウンザリしているのです。

xrea のサーバはSSHでコンソールにアクセスできますので top コマンドなんかを叩いて状況を見てみますとめちゃ重な httpd が列をなしていて、うわああ、これはだめだ…

そこそこ手間かけて文章かいて「投稿!」ってボタン押して記事ロストしてたらやる気も何も全部飛んでいくでしょうよ。

だからねテキストエディタで下書きしてそれをコピペで投稿してたりして。サーバが重いからちょっと記事かいてプレビューするのもものすごく時間がかかる。

気軽に更新できないブログなんて続くわけがない。コレは引っ越しせざるを得ない。というわけで引っ越して参りました。

ブログ引っ越しというとAWSなりGCPなりで仮想サーバ借りてWordPress載せて…みたいなのがもしかしたら王道なのかもしれませんが、わたしもうサーバの面倒見るのイヤになってしまったのです。フルマネージドなブログサービスの片隅に住まわせてもらいたい。ネットワークもサーバもセキュリティも専門家に見てもらいたい。

というわけでちょっとお世話になります。

Photoshop 2022 出たよ、強化されたニューラルフィルターで簡単劇的レタッチ

Adobe Photoshopのメジャーアップデート:デスクトップ版およびiPad版における機能拡充と、手軽な編集とコラボレーション機能をブラウザで実現するAdobe Photoshop web版(ベータ版)のご紹介

Adobe CC の製品群がバージョンアップ。ぼくは Photoshop を使っているので早速新しいバージョンを試してみた。

ニューラルフィルターがめっちゃ強化されてる。Luminar AI とかに対抗する感じかな。

例えば風景ミキサー。元の風景画像に別の風景画像のテイストを掛け合わせてくれるの。

これは元の風景画像。箱根の芦ノ湖からちょっと富士山が見えるなんてことない風景。

f:id:yapud:20211111215323j:plain

そこに夕焼け写真を掛け合わせると、風景の輪郭はそのままに色味だけが夕方に。

f:id:yapud:20211111215325j:plain

掛け合わせるのを、小麦畑にしてみたら。芦ノ湖が小麦畑にみごとに変化。

f:id:yapud:20211111215327j:plain

輪郭そのままにテイストが変化するの面白い。

他にも新機能がいっぱいあるらしいぞ。みんなもインストールしてどんどん操作しよう。

 

Thinkbook 14 IIL で Windows11 いま時点では「待て」

Lenovo の Thinkbook 14 IIL を使っている。

Windows11 のお誘いが出てきたもんだから調子に乗ってアップグレードしてみた。

f:id:yapud:20211111215936p:plain

結果、少々不穏な動きをするところがあった。これは僕のPC固有の問題かもしれない。

タッチパッドの設定箇所がとても少ない。 タッチパッドのオンオフを切り替えるショートカットキーである Fn + F6 も効かない。 すなわち「マウス使用時にタッチパッドを無効にする」ができないのだ。

f:id:yapud:20211111215938p:plain

うちの Thinkbook 14 個別の事象かもしれないが、こいつはタッチパッドの部品がELANである。なのでタッチパッドのドライバはELANのものである。Windows11 対応してないドライバなので、設定できる項目が少ないのかもしれない。Windows11 正式対応のドライバが出るのを待ったほうが良い気がする。

バイスとは関係ないのかもしれないけど、サインイン直後に Google Drive がエラーメッセージを表示する。

f:id:yapud:20211111215940p:plain

同期済みフォルダが見つからないとかいう表示だが、そのフォルダは確実に存在している。フォルダを指定し直しても同じエラーメッセージが出る。なんなんだ。Google Drive のアプリがバージョンアップするのを待つしかないかな。

もしかしたらOneDriveとコンフリクトしてるのかもしれない。でもOneDriveではそのフォルダは同期対象にしてないんだ。

というわけで、細かいところで不具合というか未対応というか、そういうのがある。今急いで Windows11 にする必要はないと思う。もうちょっとドライバやノウハウが揃ってからでいいと思う。

でもぼくは Windows11 のまま使い続けてみようと思う。画面デザインが Windows10 よりも Windows11 のほうがカワイイので。